リーマンショックから続く世界的な恐慌

リーマンショックから続く世界的な恐慌は日本にも長く影響しています。そんな中、新卒の採用はどんな状態でしょう。特に新卒者の就職採用数は平成の就職氷河期といわれているほど厳しい状態。バブルのころとは大きく違います。新卒予定の人も就職活動に精を出していますが、なりたい仕事に希望どおりに採用されることは、かなり大変なことのようです。高校や短大の卒業生の就職活動も、非常に困難になっています。会社をやめざるをえなくなった場合の再就職も、難易度は跳ねあがっています。求人情報をチェックしても、正社員の募集が著しく減少しています。派遣、パート、アルバイトなどの非正規雇用が、最近の求人では多いといいます。新卒者の場合は、まず自分の希望する就職先に採用されるよう、人一倍さまざまな努力をしなくてはなりません。とはいえ、努力をすれば必ずしも実現するとは限らないのが事実です。今の状況では、ランクの高い大学を卒業予定の新卒者でも、採用が決まらないということもあります。新卒での就職活動を成功させるには、就職先に求める希望は本当にそれでいいのか、難易度は高すぎないか、色々な角度からのアプローチをしてみることも重要です。理想が高く、新卒の段階では難しいという場合は、必要ならば採用条件に合わせて自分のスキルを高めることです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ