だんだんと目元の小じわは増えてきます

年をとるにつれて、だんだんと目元の小じわは増えてきますが、普段からできるケアはないでしょうか。冬の乾燥やオフィスの冷暖房などで目元の小じわができやすくなります。目元ケアを早いうちから始めるにこした事はありません。

ドライアイに悩まされる人が増えていますが、朝から晩までパソコンやテレビ画面を見ていることがその理由です。ディスプレイをずっと見ていたために、気づけばドライアイがかなり進行していたという人もたくさんいます。

まばたきの1日あたりの回数は、普通は2万回です。これがドライアイになると、1日に3万回のまばたきをします。目の周囲の皮膚は薄くてとてもデリケートです。1日に何度もまばたきをすると、それだけ目の皮膚に負荷がかかります。目元のシワは、目をこする癖によってもできやすくなります。

パソコンを使う時は、手近なところに目薬を置くといいでしょう。目の乾燥を感じたら、目薬をさす習慣をつけるためです。乾燥する時期は目の下のクマも気になる人が増えてきます。血行が悪くなることでできるクマと、こすったりすることで色素沈着がおこってできるクマがあります。

色素沈着が原因ならホワイトニングケアを、鬱血が原因ならばマッサージをしましょう。目元のマッサージ用のクリームを使って、目元の皮膚を傷めずにマッサージをすることで、血液が流れやすくなります。

マッサージはむくみの解消にも効果がありますので、シワ対策にも有効です。目元ケアは、気軽にできる簡単なものばかりですが、コツコツと継続することが大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ